無痛麻酔

きむら歯科クリニックでは痛みのない治療を行うため、麻酔の無痛化に取り組んでいます。

さまざまな器械、材料を駆使して完全無痛を目指しております。

その方法を紹介します。 

1. 表面麻酔を行う

まず、針を刺す部分の粘膜の麻酔を行います。この処置により、刺すときの「チクッ」とする痛みを緩和します。

pp.jpg

スプレー式の表面麻酔薬

qq.jpg

テープ式の表面麻酔薬

一般的に、歯科ではあまり使用されないのですが、塗るよりも貼る方が麻酔効果が高いので、当院では積極的に使用しています。

 

2.麻酔薬を温める

rr.jpg

麻酔薬の温度が体温と同じ位であれば、注入時の痛みが少ないといわれています。当院では専用の器械を用いて、麻酔薬の温度を体温に近い約37度に温めています。

 

3.細い針を使用する

xx.jpg

針は細い程、刺すときの痛みが少ないものです。当院では最も細い33Gという針を使用しています。

 

4.コンピューター制御の電動麻酔器を使用する

麻酔時の痛みを抑えるためには、麻酔薬の注入をゆっくりと弱い圧で行う必要があります。しかしながら、前述の細い針を用いると手動での力のコントロールは困難になります。そこで、本クリニックでは、アネジェクトという器械を用いています。このアネジェクトの特徴は、コンピューターが自動で最も痛みの少ない力と速度にコントロールしてくれることです。これにより、手動より痛みは軽減できます。また、注入時にメロディーが流れて患者さんの緊張を和らげます。                   見た目も注射器ぽくないので子供さんにも恐がられません。

ss.jpg

電動麻酔器「アネジェクト」

見える・わかる歯科治療

 デジタルレントゲン 

きむら歯科クリニックではデジタルレントゲンシステムを導入しています。

被爆線量が従来の10分の1で、スピィーディーに精彩な画像をみることができます。

tt.jpg

 

uu.jpg

 

vv.jpg
  
  
口腔内カメラ
ww.jpg
口の中はとても狭く、患者さんは鏡だけではよく見えません。このカメラはコンパクトなペンタイプで、鏡では見ることができない奥歯の裏側まで撮影することができます。
  
  
大きなモニターで表示
ff.jpg
デジタルレントゲンと口腔内カメラの画像は、患者さんの目の前にある大きなモニターに表示することができます。この二つのシステムを用いることにより、見える治療を実践し、患者さんにとって分かりやすい説明を行います。

院長のこだわり

院長 写真.jpg

 拡大鏡を使用した精密な治療を行っています。

 

顕微鏡.jpg

歯周病治療においては、位相差顕微鏡による原因菌の検査を行います。

▲このページのトップに戻る